読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジギー・ポップは死んだ

もう死んだ人よ

T2 トレインスポッティング を見ました

★4.5〜 映画 洋画 ドラマ ユアン・マクレガー

f:id:arne110:20170418184553j:image

公開日に観ましたよちゃんとね。 大満足。

当日もその次の日もバイトが入ってて、ヘロヘロだったけど気持ちが勝った。見に行った。

 

見ながらあれこれ思ったけど、書こうと思うと何書いたらいいかわからない。

 

 

トレインスポッティングは存在そのものがまさに麻薬。疾走感というか、あの爽快感と陶酔感。生温い気流を体全体で浴びてるみたいな気持ち良さがたまらんのだ。背徳感がある。映画はもちろん見ている自分そのものが退廃に溢れてる気がして。

 

今作もまた相変わらずのセンス。劇場で見ていたときは正直あんまり感じなかった。前作の音楽の方が良かったなと思った。それは20年前はまだ母親のお腹の中にいて、17歳になってからはじめてトレインスポッティングを見たからだと思う。古いなあって。知らない曲のはずなのに妙な懐かしさを感じる。そこが自分の感覚をくすぐってきたのかなと思ったけれど。

サントラ探して聴くと めちゃくちゃによかった。なんなら前作よりもっともっといいよ。わたしが小学生のころから大好きで贔屓100%のクイーン。Radio Ga Ga を抜きにしてもね。

 

一番共感したシーンは、レントンの回想。小学生のときにベグビーの隣の席になったときのことを思い起こすあのシーン。

 似たようなことをわたしも考える。こんなに無垢で可愛かったのに。いまではゴミ人間。

 

26歳の彼らと46歳の彼らの言う「人生を選べ」という言葉は、まるで違う。

それがとても切ない。あの、瞬間瞬間を生きていた彼ら。結局、20年後の手の中に残ったものはなんだっただろう。

 

わたしはポルノは未読ですが、個人的には、原作小説『トレインスポッティング』を読んでから見に行くことをおすすめします。

前作では描かれなかったところも出てきますので。

 

 

 

また見に行きたい

 

 

★4.5